• HOME
  • ニュース
  • オロ、マザーズ新規上場の戦略PR会社・ベクトルにクラウドERP「ZAC Enterprise」を導入~グループ企業6社の業務基盤をクラウドシステムで統一、上場を実現したERP導入事例を公開

ニュース

オロ、マザーズ新規上場の戦略PR会社・ベクトルにクラウドERP「ZAC Enterprise」を導入~グループ企業6社の業務基盤をクラウドシステムで統一、上場を実現したERP導入事例を公開 リリース
2012.09.19

報道関係者各位

2012年9月19日
株式会社オロ
release_20120919.pdf

 株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、2012年3月に東証マザーズへ新規上場を果たした株式会社ベクトル(東京都港区 代表取締役 西江 肇司、以下ベクトル)が、グループ企業含む全6社の基幹業務システムとして、オロのクラウドSaaS ERP「ZAC Enterprise」(以下ZAC)を採用したことを発表いたします。

 ZACはベクトルの上場準備に向けたグループ統一のクラウド型の基幹業務システムとして採用され、同社のIPO(新規株式公開)に大きく貢献をしました。ZAC製品WEBサイトでは、ベクトル 代表取締役 西江氏が、独自の経営スタイルとZAC導入効果について語るERP導入事例インタビューを本日より公開を開始いたします。

■導入前の課題
 ベクトルは、グループ全社の利益管理を、予算と実績が俯瞰的に可視化できる管理帳票により行なっていました。しかし、帳票作成のためには、グループ企業の各担当者が入力する個別プロジェクトの売上・原価データを、経理担当者が再度財務会計システムに手入力する必要があり、二重入力による作業時間の増大、手入力による数値データの不整合が課題となっていました。ベクトルはIPOに向け、正確な経営データを早期に集約できる業務プロセスの整備を必要としていました。

■選定理由
 ベクトルは、上記の課題を解決するシステムの選定条件として、「投資コストが企業規模にマッチしていること」「拠点を問わず利用できるクラウドシステムであること」「成長に合わせて設定を柔軟に変更できること」の3点を重視しました。年々規模が拡大する同社では、成長にあわせて業務フローや職務権限の変更が随時必要となるため、IPOに求められる内部統制プロセスに対応しながら、ユーザーが柔軟に設定を変更できる点は特に重視されました。上記の選定条件の元、ZACの導入が決定されました。

■導入効果
 ZAC導入により、システムに一度入力された情報は、売上管理、債権・債務管理、請求書発行をはじめ、管理帳票作成を含む様々な業務への活用が可能となり、再入力の必要がないシンプルな業務フローが実現しました。また、グループ全体で統一のシステム基盤を利用することで、グループ間取引やプロフィットシェアの正確な処理も可能となり、グループ全体の利益管理レベルが向上しました。

 IPO準備企業においては、業務プロセスに係る内部統制への対応に多大な労力が割かれますが、ZACはIT業務処理統制に準拠した多数の機能を保有しているため、IPOに向けた業務プロセス整備の効率的な対応を可能にし、ベクトルのIPOに大きく貢献しました。

参考リンク:
ZAC Enterprise 製品WEBサイト
株式会社ベクトル ZAC導入事例

<本リリースに関するお問い合わせ> 
株式会社オロ ビジネスソリューション事業本部 マーケティンググループ 福地晃弘
TEL:03-5843-0836 / Mail:zac@jp.oro.com

  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836