• HOME>
  • ニュース>
  • 株式会社イノセンスがオロのクラウドPSA『Reforma PSA』を採用

ニュース

2020.11.25

株式会社イノセンスがオロのクラウドPSA『Reforma PSA』を採用

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、株式会社イノセンス(石川県金沢市 代表取締役社長 四藤 美佐、以下イノセンス)がオロのクラウドPSA「Reforma PSA」(以下Reforma)を導入したことを発表いたします。

イノセンスは、テレビCMや番組制作などの映像制作を中心に、ラジオ番組、WEB制作、グラフィックデザインなど幅広いクリエイティブを提供する制作プロダクションです。企画段階から収録、撮影、編集までワンストップでコンテンツを制作します。

同社はこれまで、営業、経理それぞれが案件情報を別々に管理しており、部門間の連携時に多くの二重入力が発生していました。業務効率化を目指し、全社単位で利用できるシステムを検討していました。

加えて、新規システム導入に伴い2つの希望がありました。1つ目は案件情報と社員の作業工数が同一のシステムで管理したいという機能面の希望。2つ目はカスタマイズなどの初期費用をかけずにシステムを導入したいという費用面の希望です。

Reformaの導入によって、案件を見積中の段階から請求入金まで一元管理することが可能になり、営業から経理へのスムーズな情報共有や二重入力の削減など業務効率化が実現します。また、案件毎の外注費や工数といったコストの情報を同時に管理することで、タイムリーに損益が可視化され先々の利益見込みを把握できるようになります。

■「Reforma PSA」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
  1. 営業情報から経理まで一気通貫で案件情報を管理でき、二重入力が削減できる点
  2. 案件情報と工数情報を同一のシステムで管理できる点
  3. 初期費用をかけずに導入できる点

Reformaは今後も映像・コンテンツ制作業での実績拡大を推進し、より多くの企業の成長を支援してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>

株式会社オロ マーケティンググループ 担当:西村
TEL:03-5843-0653/Mail:reformapsa@jp.oro.com

一覧に戻る 一覧へ

お気軽に
ご相談ください