• HOME>
  • ニュース>
  • クラウドERP『Reforma PSA』がバージョンアップ!
    システム外部での作業を減らし、業務負荷を軽減

ニュース

2021.06.07

クラウドERP『Reforma PSA』がバージョンアップ!
システム外部での作業を減らし、業務負荷を軽減

株式会社オロ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川田 篤、以下「オロ」)が開発・提供するクラウドERP『Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)』は、2021年5月に定期バージョンアップを実施いたしました。ユーザー各社様の要件に合った対外帳票の作成や、別紙の作成・添付などシステム外部での作業を減らし、業務負荷の軽減を実現します。

■バージョンアップ実施の背景

Reformaでは2019年11月より、ユーザー様からのご意見をもとに約2ヶ月に1回のペースで新機能の開発・実装を行ってまいりました。
今回、より広くユーザー様の声を集めるべくユーザーアンケートを実施した結果、「備考欄に入りきらない量の注記を見積書に記載したい」「商品に対する補足や、備考に入れるまでもない情報を明細欄に記載したい」など、見積書や請求書をより自由度高く柔軟に活用したい、というご要望を頂戴しました。
こうしたご意見を踏まえまして、ストレスなくデータ登録・帳票発行を行っていただくべく、対外帳票内の自由記述欄である品名(明細)・備考の文字数拡張を実施し、2021年5月より順次ユーザー様に提供しております。

バージョンアップで対外帳票内の自由記述欄である品名(明細)・備考の文字数拡張

■もたらされる効果

自由記述欄の文字数を拡張したことで、ユーザー各社様で業務上求められる要件に合った対外帳票を作成しやすくなります。
また、Reformaで注記・備考をより柔軟に表記可能になることで、別紙の作成・添付などシステム外部での作業を減らし、業務負荷の軽減を実現します。

■今後の展開

クリエイティブ業に特化したクラウドERPであるReformaは累計300社以上に導入され、業務管理や案件管理に貢献してきました。
今後もユーザー様の声を元に継続して機能改善を行い、より多くの企業様における生産性向上に寄与してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>

株式会社オロ マーケティンググループ
担当:大奥 TEL:03-5843-0653/Mail:reformapsa@jp.oro.com

一覧に戻る 一覧へ

お気軽に
ご相談ください