• HOME>
  • ニュース>
  • 株式会社5、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

ニュース

株式会社5、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用 リリース
2020.09.09

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社5(大阪府大阪市 代表取締役 本多 真、
以下ファイブ)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを発表いたします。

株式会社5_190×130.png

ファイブは、日本と台湾に拠点を持つ3DCGアニメーション制作プロダクションです。日本の第一線で培ったCGジャパニメーションの制作ノウハウを台湾現地のクリエイター達に継承し、日本だけでなくアジア・世界へ進出するCGアニメーション等のプロジェクトを支援しています。

同社では、より詳細な工数管理の実現とプロジェクト別の原価計算を仕組化するため、システムの導入を検討していました。選定にあたっては、上記を実現できるほか、アウトプット機能を活用することで、プロジェクト別の予実対比を期中や月中であっても確認できる点が評価されました。

ZAC Enterpriseの導入により、案件ごとに作業時間を入力することで「どのプロジェクトに」
「誰が」「何時間」関わっているのか、という詳細な工数が把握可能になり、案件の進捗状
況にあわせた工数の予実管理が実現します。原価計算の面では、プロジェクト単位での労務
費の集計を自動化できるほか、配賦基準、ルールに応じた直接費および間接費の自動配賦が
可能になり、経理業務の省力化を支援します。

■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.アウトプット機能を活用することで、プロジェクト別の予実対比をいつでも確認できる点
2.「どのプロジェクトに」「誰が」「何時間」関わっているのか、という詳細な工数管理ができる点
3.プロジェクト別の原価計算を効率化できる点

オロは今後も映像制作業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:西村
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

お気軽にお問い合わせください

システムの費用感のご質問をはじめ、生産性向上や業務効率化、原価計算・管理会計に関するご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。