• HOME
  • セミナー
  • 【東京】オープンデータ活用によるクラウド新市場への挑戦~日本政府のオープンデータ戦略とは

セミナー

【東京】2012年7月5日(木)18:30~
オープンデータ活用によるクラウド新市場への挑戦
~日本政府のオープンデータ戦略とは

 このたび、オロが参画するクラウドジャパンイニシアチブにて、「オープンデータ」と「クラウド」をテーマにしたセミナーを開催することとなりました。

 国や自治体で利用されている各種データを広く一般に公開し、ビジネス等に活用していくオープンデータ戦略に関して、日本政府の取り組みや、それらの利用事例を元にした具体的なメリットや課題を講演いたします。

 クラウドベンダーの皆様、クラウドにご興味・関心のある皆様の多数のご来場をお待ち申しあげております。
 

セミナー概要

 クラウドジャパンイニシアチブ、夏のイベントとして、「オープンデータ」と「クラウド」をテーマにした講演会を開催致します。

 国や自治体内部で利用されていた調査データを、多くの人々や企業、団体で利用できるように公開し、広くビジネス等に活用していけるようにするオープンデータの取り組みが、世界各国で進んでいます。このオープンデータ戦略に関する日本政府の取り組みや、それらの利用事例を元に具体的なメリットや課題、また、今後のビジネスへの展開に関して、オープンデータに詳しい各関係者より講演いたします。

 第一部では、インターネットユーザー協会(MIAU)理事であり、内閣官房IT戦略本部電子行政タスクフォース委員でもある、庄司昌彦氏より、オープンデータと日本政府のIT基本戦略というテーマで講演を行います。

 第二部では、第一部講演の庄司氏と、合同会社GeorepublicJapanのCEOでありジオメディアにも造詣の深い、関治之氏によるトークセッションを行います。オープンデータを活用することにより、今後どのようなビジネスが生まれ得るのか、とりわけクラウドビジネスの観点から新規ビジネスの創出に関する対談をお送りします。

 オープンデータについて知りたい方、また、オープンデータのクラウドビジネスへの活用や、今後の日本のオープンデータ戦略についてご興味のある方、多数のご来場お待ち申しあげております。

【クラウドジャパンイニシアチブ】とは
 クラウドジャパンイニシアチブは、日本におけるクラウド利用・活用を促進し、ITを利用した日本の競争力向上を達成すべく、「クラウドを利用するすべての人々の為の情報交流プラットフォーム」として設立されました。
  組織・立場を越えて、参加するすべての人々が、クラウドを核にした情報の共有・交換を行うことができる場を提供すること、また、そこからメリットを享受できるような、各種セミナーの開催や情報の発信などクラウド普及の啓蒙活動を行っています。

クラウドジャパンイニシアチブ Webサイト


セミナー詳細

名称: オープンデータ活用によるクラウド新市場への挑戦
~日本政府のオープンデータ戦略とは
開催日時:  2012年7月5日(木)18:30~21:00 (開場18:00)
会場: (株)パイプドビッツ 会議室
東京メトロ南北線・銀座線 溜池山王駅11番出口直結
アクセスマップ
参加費: 参加費 3,000円
参加費3,000円はセミナー当日に会場受付にてお支払いただきます。(領収証が必要な場合は、会場窓口にてお申し付けください。)

プログラム

18:00~ 受付・開場
18:30~19:00 講演/オープンデータと日本政府のIT基本戦略について

庄司 昌彦氏
(国際大学グローバル・コミュニケーションセンター主任研究員、内閣官房IT戦略本部電子行政タスクフォース委員)
19:10~20:00 対談/オープンデータ活用による新たなクラウドビジネスの創出

庄司 昌彦氏 (国際大学グローバル・コミュニケーションセンター主任研究員)
関 治之氏 (合同会社Georepublic Japan代表社員)
20:00~ 懇親会/クラウドジャパンイニシアチブ懇親会

軽食付きの立食懇親会を開催致します。
様々な情報の交換や、参加者同士の交流の場として、ぜひご参加ください。
※セミナー内容・時間は変更になる可能性があります。

お申し込み・お問い合わせ

下記リンク先より必要事項をご記入の上、お申し込みください。

各種お問い合わせ
株式会社オロ ビジネスソリューション事業本部 福地
Tel:03-5843-0836 Mail:zac@jp.oro.com







  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836