• HOME>
  • ニュース>
  • 株式会社KRIが案件進捗の見える化と機密保持体制の確立を両立、クラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例を公開

ニュース

株式会社KRIが案件進捗の見える化と機密保持体制の確立を両立、クラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例を公開 リリース
2019.10.10

報道関係者各位

2019年10月10日
株式会社 オロ
Release20191010.pdf


株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田 篤、以下オロ)は、株式会社KRI(京都市下京区 代表取締役社長 田畑 健、以下KRI)にお伺いした、オロのクラウドERP「ZAC Enterprise」の導入事例インタビューを公開いたします。世界でも数少ない民間の受託研究会社である同社は、クライアントから求められる厳格な機密保持を維持しながら、ZAC Enterpriseによる経営データの見える化を実現しています。

KRI_logo_190x130.png

<インタビュートピックス>
・案件進捗をタイムリーに把握したかった理由とは?
・厳格な機密保持と経営データの一元管理をどのように実現したのか?

■ 案件のタイムリーな営業状況を見える化し、経営の安定に貢献
KRIではビジネスの特性上、営業進捗の管理こそが年度の売上・利益を予測するカギであり、経営の安定につながる要因でした。しかし以前は表計算ソフトでの案件管理だったため、月1回の状況把握が精一杯でした。ZAC Enterpriseの導入により、案件管理の標準化・一元化が実現。担当者がシステム上で受注確率を随時更新し、マネージャーがタイムリーな案件進捗はもちろん、月別・受注確率別の売上・利益予測をいつでも簡単に把握できる体制へと変わりました。

■ 個別の案件レベルで社員に開示する情報を制御できるのはZAC Enterpriseだけ
「研究開発の受託」を行う同社では、厳格な機密保持ができることもシステムの必須要件
に挙げていました。ZAC Enterpriseは社員一人ひとりに開示する情報を個別の案件ごとに
制御可能なため、各研究員が閲覧できる情報を厳密に制限しながら、経営陣やバックオフ
ィス部門は全社の経営データをタイムリーに収集できるようになりました。


KRIでは「案件進捗の見える化」「厳格な機密保持」の両立以外にも、ペーパーレス化に
よる年間5,000枚の書類削減や稟議時間の半減に成功しています。

2011年からのZAC Enterpriseの活用でどのように業務効率化を実現してきたのか。
詳細はKRI様のインタビューをご覧ください。

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/case65.html


<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 
担当:西村 TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

お気軽にお問い合わせください

システムの費用感のご質問をはじめ、生産性向上や業務効率化、原価計算・管理会計に関するご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。