PHILOSOPHY

経営理念

経営理念

社員全員が世界に誇れる物(組織・製品・サービス)を創造し、より多くの人々(同僚・家族・取引先・株主・社会)に対してより多くの「幸せ・喜び」を提供する企業となる。そのための努力を通じて社員全員の自己実現を達成する。

活動指針

  1. 1活動指針について
    この活動指針はオロの基本的な考えです。
    全員がこれを理解し自分のものとして受け止め行動します。
    日々繰り返し読み考え、自分のものとして定着させましょう。
  2. 2信頼関係の構築
    私たちは、同僚、家族、取引先、株主、社会の為に行動し、決して裏切る行為をしません。人として正しい行動を基軸に考えましょう。
    相手の立場に立って行動することで、互いの信頼関係は形成されます。
  3. 3感謝の気持ち
    常に感謝の気持ちで行動します。たとえ不愉快な事象であっても、感謝すべき事項を見つけられる柔軟な発想を持ちましょう。
  4. 4プラス思考
    いつも笑顔で明るく行動しましょう。不要に悩むよりも、対策を考えましょう。
    マイナスに思える事も、プラスの感情に変えられるような考え方を身につけましょう。どのような困難も互いに協力しあい、元気よく乗り越えましょう。
  5. 5あきらめない
    たとえどんなに状況が悪い場合であっても、投げ出さず粘り強く頑張りぬく事が重要です。
    その熱意、行動を続ける事で、状況は自然と改善していきます。
    だれも諦めて投げ出される事を望んでいません。
  6. 6反省と改善
    日々の行いを反省することで、改善要素を見つけることができます。
    会社内に問題がないか、社員一人一人が隅々まで注意を払って行動しましょう。
    相手の立場に立って自己の行動内容を確認・反省・改善しましょう。
  7. 7成長の幸せ
    個人・組織共に、成長する事は幸せに必要不可欠です。
    成長のためには、今まで経験していない困難な課題にも立ち向かいましょう。
    大きな困難を最大限の努力で乗り越えた時、精神面を含めた成長を得られると共に、達成感の喜びを味わう事ができます。
  8. 8謙虚に行動
    常に謙虚に行動し、相手に対し敬意をもって接しましょう。
    実力や立場の違いは、言動などで表面化させなくとも自然と互いに形成されます。
    その中で、実力主義に徹し役割に応じた責任と立場で行動します。
  9. 9批判ではなく改善提案
    どのような相手であっても、批判によって相手を説得はできません。相手に敬意を持って、改善策を提案しましょう。
  10. 10利害のベクトルをあわせる
    全ての関連する人への「幸せ・喜び」を同時に考えましょう。
    同僚、家族、取引先、株主、社会に対して同時に幸せを考えることが大切です。
    どれをとっても決して相反する事でありません。
  11. 11利益・報酬について
    価値ある仕事とは、関係者すべてに利益と幸福をもたらすものです。
    多くの人を幸せにすることで、結果として報酬が生まれます。
    利益・報酬無くして組織・個人の発展は望めません。
  12. 12常にNo.1を目指して
    個人・組織共に、No.1を目指し続ける事が大切です。
    自分の得意分野において、自信をもって「任せてください」といえるように努力し、それを実現します。

組織運営に関する指針

  1. 1高い目標を掲げる
    組織が目指すべき、大胆かつ崇高なビジョンとゴールを具体的に定め、それを全チームメンバー及びすべての関係者に伝えます。
  2. 2全員参加で考える
    全メンバーに自己の意見・考えをもたせ、全ての意見に傾聴します。意見を否定する時には、相手の意見を尊重しながら、自身の考えを説明し納得させます。
  3. 3数字で語る
    感覚的な言葉は個人によって感じ方が異なります。議論・比較検討をするときには、形容詞や感覚的な言葉ではなく、根拠のある実際の数字を用いて語ります。
  4. 4組織の力を高める
    組織としての成長と変化を意識し、個の力に依存しない組織力を高めます。組織としての学習・成長を意識しながら仕組みを常に見直すことで組織力を高めます。
  5. 5習慣を見直す
    業務を定期的に見直すことで、本質的に必要のない習慣を排除し、組織内に生まれる無駄と非効率を排除します。
  6. 6自動化を推進する
    必要不可欠な定型業務に関しては、可能な限り自動化・機械化します。自動化・機械化した業務を整理・整頓し定期的に見直します。
  7. 7優秀な人材を登用する
    採用は最も大切な組織の業務の一つと捉え、常に自らよりも優秀な人材を探し、引き込む事で、より高い壁を乗り越えます。
  8. 8未来志向で適任者を探す
    責任のある役割を若手に託す事によって、経験を与え組織の長期的成長を促します。組織全体の成長力を高める事によって全メンバーの幸せを実現します。
  9. 9フィードバックは細心に
    メンバーの活動を把握・確認し、都度細かな単位でフィードバックします。褒める、叱るではなく、活動をサポートしアドバイスする事によってメンバーを育成します。
  10. 10人を責めない
    たとえ個人に起因する問題であっても、個人を責める事なく、本質的な原因を探す事によって仕組みを見直します。
  11. 11差別をなくす
    人種、ジェンダー、国籍等あらゆる偏見による差別をなくします。組織内で差別が発生していないかメンバー全員で確認します。