導入コンサルタント職
導入コンサルタント職
“ZAC”の導入を決めた企業に、
システム稼働までの問題解決・
プロジェクトマネジメントを行う
導入コンサルタント職
“ZAC”の導入を決めた企業に、
システム稼働までの問題解決・
プロジェクトマネジメントを行う
お客様が抱える課題の本質を捉え、業務フローや会計処理に合わせた活用方法の提案から、
新しい管理体制を落とし込む実行フェーズのフォローアップ、エンジニアと協議しながらの
新機能の要件定義まで、幅広い業務に携わります。

業務内容

導入プロジェクトの
キックオフ
導入プロジェクトの
キックオフ
ZAC導入プロジェクトを始めるためのキックオフをお客様と実施します。キックオフでは、両社のプロジェクト推進体制やZAC導入の目的、今後のプロジェクトの進め方、スケジュールなどを確認します。特にZAC導入の目的は、導入プロジェクトを推進するうえで非常に重要であり、最優先で達成すべき事項であるため、プロジェクトキックオフ時点で両社の認識を確実に合わせる必要があります。
Fit&Gap実施と
運用フローの検討
Fit&Gap実施と
運用フローの検討
業務をヒアリングし、ZAC運用フローをお客様と検討し決定します。検討時は、営業部門や財務会計を管轄する経理部門、管理会計を管轄するマネジメント層から意見を収集します。各部門の意見を尊重し、ZAC導入目的に適う運用フローを適切に意思決定いただけるよう、プロジェクトを支援・運営することがコンサルタントの役目です。
本稼働準備支援
本稼働準備支援
ZACの本稼働に向けて、残課題の検討、マスタの整備やお客様社内でのZAC運用説明会などを実施します。本稼働準備段階で発生した課題は、優先順位を決めて検討を行い、必要に応じてZAC運用フローの調整を行います。
本稼働と稼働後支援
本稼働と稼働後支援
無事本稼働を迎えることが出来た後は、問い合わせ対応や残課題の検討、月次締め処理や関連システムとの連携のサポートなどを行います。およそ3か月から6か月の稼働後支援を行いカスタマーサポートへ引継ぎを行います。

求められること

幅広いビジネス知識
お客様に最適なITソリューションを提供するために、相手の抱える課題はもちろん、ビジネスモデル、業界の商慣習、業務内容、ワークフロー、会計処理などビジネス全体を正しく理解できる幅広い知識が求められます。
プロジェクトマネジメントを極める
お客様のプロジェクトメンバーと毎週膝を突き合わせてミーティングを行い、抱えている課題の解決および、ITソリューションの適用を推進していきます。プロジェクトの責任者として、オロ側のメンバーだけではなくお客様の組織も動かし、プロジェクトを成功へと導いていく立場にあります。
多くの職種と協力する
プロジェクトを成功に導くためには、社内メンバーの協力を集結させる必要があります。営業やエンジニアと連携をして、解決策を模索していきます。エンジニアと技術に関する話し合いを行い、新たな知識や情報を吸収し成長に繋げることが必要です。

求められる人物像

求められる人物像
  • 責任感、粘り強さ、根気のある人。
  • 吸収力がある人。
  • 自分が成長することで周囲から頼られたい人。
  • IT、会計、経営など幅広い分野に興味関心がある人。
  • 丁寧な仕事を短時間でこなせる人。

キャリアモデル

キャリアについては半年に1度評価面談を行い、本人の希望や適正を踏まえて決定します。
ひとつの職種を極める人もいれば、様々な部署で経験を積む人もいます。

新卒3年目の社員

  • 1年目
    CS事業部 総合職として新卒入社。
  • 営業チームに配属され、社会人のいろはを学ぶ。
  • 1カ月後、導入コンサルタントチームに配属。
  • 副担当として導入支援案件を数社経験。
  • 主担当として小規模案件の導入を担当。
  • 2年目
    より難易度の高い案件を経験。
  • 大規模案件の導入副担当を任される。
  • 3年目
    新卒のサポートをしながら導入支援案件を経験。

中途8年目の社員

  • 1年目
    ZAC導入コンサルタントとして中途入社。
  • 副担当としてZAC導入業務を学ぶ。
  • 2年目
    主担当としてZAC導入支援プロジェクトに携わる。
  • 導入支援チームのチーム長としてマネジメント業務に従事。
  • 4年目
    大規模なZAC導入プロジェクトにリーダーとして参加。
  • 顧客支援グループのグループ長に就任。
  • 8年目
    設計・開発チームを顧客支援グループに統合しマネジメント業務に従事。
※CS事業部=クラウドソリューション事業部 
※DX事業部=デジタルトランスフォーメーション事業部