ENGINEERオロのエンジニア

オロの目標は「世界に誇れる企業を創ること」。この言葉を実現するには、製品・サービスをつくり上げるエンジニアのパワーが必要不可欠です。社内では多様なバックグラウンドをもつエンジニアが活躍しています。彼らのチャレンジ精神、そして、技術力の向上がオロのエンジニアリングの原動力です。

オロのエンジニア文化

  • 代表がエンジニア出身!

    代表がエンジニア出身!

    社長の川田自身がエンジニア出身であり、社員も約半数がエンジニアやデザイナーなどのクリエイティブ職であるため、モノづくりへの情熱を軸に仕事を進めていける環境にあります。社内では自主的にエンジニアが集って勉強会が開催されるなど、自らのスキルアップを図っていきたい人に最適の刺激的なワーク環境です。

  • 多岐にわたる事業、さまざまなキャリア

    多岐にわたる事業、さまざまなキャリア

    オロで携わるプロジェクトは多岐に渡ります。BtoCのWebサイトやWebシステム、スマートフォンアプリ、BtoBのCMS、業務システムなど幅広く手がけることができます。バックエンド、フロントエンド、インフラ、アーキテクトいずれの領域にも挑戦でき、さらには特定の領域に特化したキャリアも目指すことができます。

  • エンジニアからの提案が可能

    エンジニアからの提案が可能

    オロでは、企画・提案から開発まで社内で一貫して完結することが基本方針。社内のプランナー、ディレクターなど各職種のメンバーと協力して、1つのプロジェクトを進行させていきます。そのため、エンジニアは企画段階から技術的な意見を発言できる機会が多く、技術選定はエンジニアが主体で行うため、さまざまな最新技術を駆使することができます。

  • 技術が好き。技術力に自信がある。

    技術が好き。技術力に自信がある。

    オロのエンジニアは、技術を磨くことにかけてはつねに真剣です。現在、日本に3人しかいないVue.jsのコミッターや、カンファレンスや勉強会で登壇するような名物エンジニアが在籍していたりと、個の技術力が突出しています。社内では技術的なディスカッションや相談が頻繁に交わされ、エンジニアとして本気で技術力を磨きたい方には魅力的な環境とメンバーが揃っています。

勉強会・教育環境

オロでは、エンジニア社員が自ら立ち上げ、運営されている勉強会が多くあります。技術好きなメンバー揃いのオロだからこそ、たがいに技術を高め合い、楽しむ文化が定着しています。なかには、学生や外部エンジニアの方も参加し、エンジニアとの交流の場としても機能している会もあります。最近、開催されている勉強会をいくつかご紹介します。

  • LT会

    オロのエンジニアがTalkerとなり、最新技術やトレンドについて5~10分ほどプレゼンテーションする会です。もともと社内エンジニアの情報共有のために始まったLT会ですが、ここ最近は社外からの参加者もあり、 LT会後の懇親会では、意見交換や質問を通じて多岐にわたる交流が生まれています。

  • もくもく会

    読んで字のごとく、作業にもくもくと没頭する会です。社内エンジニアだけでなく、学生や社外のエンジニアも多数参加。交流に作業にとメリハリをもって楽しくスキルアップすることができます。ふだん出会うことのない他領域のエンジニアとつながる場でもあり、エンジニアの交流も兼ねて不定期に開催しています。

  • フロントエンド勉強会

    月に1回、フロントエンド技術をテーマとした勉強会を行っています。発表テーマを募り、毎回 1~3人ほどが講演。その後、各テーマについてメンバー内でディスカッションします。ちょっとした豆知識から、深〜い話まで何でもアリ。実務にかぎらず、エンジニアリングに関わる幅広い知識、意見の交換が行われています。

  • 型勉強会

    “型”について語り合う、マニアックな勉強会です。その内容は、日常業務でちょっと困った話のようなゆるふわ系から、特定の言語の型システムをとことん語り尽くすハードコア系まで、話題はどこまでも広がります。

  • フロントエンドエンジニア&
    デザイナー合同勉強会

    デザイン&コーディングの効率化をテーマに、情報共有の仕方から、ツールの使い方や制作手順まで、各職種の意見をすり合わせながら議論しています。おたがいが業務の中で感じた課題点や、気になる点を解決しながら、知識や技術向上につなげています。デザイナーとエンジニアの相互理解が深まる場です。

エンジニアたちの
デスクチェック

エンジニアのこだわりが色濃く出るデスク環境。オロでは入力機器の持ち込み自由ゆえに、自分の使いやすいマウスやキーボード、ディスプレイ配置にこだわり、カスタマイズしている社員がほとんど。そんなオロのエンジニアたちのデスク環境を一部ご紹介します。

  • フロントエンドエンジニア Iさん

    フロントエンドエンジニア Iさん

    植物が好きなのでデスクの上には観葉植物をいくつか置いています。しかし、エンジニアの働く環境は植物にとっては向かないところもあります。そのため、フェイクグリーン中心ですが、耐陰性のあるホンモノの植物も置いています。フロントエンドエンジニアはデザインデータの確認も必須なので、作業効率向上のため、自分で用意したディスプレイを追加してマルチにしています。

    使用PC MacBook Pro (Retina 13-inch、Early 2015)
    外部キーボード Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00022
    マウス MacBook のトラックパッド
    ターミナル iTerm
    エディタ Atom
    好きなコマンド bs (browser-sync start --server --port 3010 --files '**/*' --no-ghost-mode --no-notify --no-ui のエイリアス)
  • 研究開発エンジニア Gさん

    研究開発エンジニア Gさん

    目線の横の動きが苦手なので、ディスプレイには正方形ディスプレイのFlexScan EV2730Qを使っています。高価でしたが、目線の動きが最小で作業スペースが広くなり、かなり満足しています。
    あと、ノングレア液晶が必須です。以前はApple Thunderbolt Display使ってましたが、映り込みが気になってしょうがないので、使わなくなりました。

    使用PC MacBook 12 (フルスペック) ※最近MacBook Pro Non-Retinaから乗り換えました
    外部キーボード Happy Hacking Keyboard Pro 2 Type-S 白/刻印有 USキー (コンパクトなキーボードが好きで、HHKBは10年以上前から愛用しています。あと、シンプルな配列のUSキーです)
    マウス Logicool MX Anywhere 2 (小さくて持ち運びしやすく、Bluetoothで3チャンネル付いているので、他のPCでも簡単に切り替えて使えるのが便利)
    ターミナル Git Bash (Git for Windows)にtmuxを入れて使ってます
    エディタ Visual Studio Code, Visual Studio 2015, Sublime Text 2
    好きなコマンド 特にないですが、毎日使うのはtigです
  • フロントエンドエンジニア Kさん

    フロントエンドエンジニア Kさん

    特にコレといったこだわりはないのですが、エンジニアの間で「高級キーボードをローテーションする」という試みに参加した時から、高いキーボードじゃないと使えないカラダにされてしまいました。現在、愛用中の HHKB はこのとき以来の付き合い。ハッカソン中の深夜テンションに乗じて、衝動買いしたものです。最近はモニター2枚でも作業スペースが足りなくなってきたので、HoloLensで無限の作業スペースを手に入れたいです。

    使用PC Mac mini (Late 2014)
    16 GB 1600 MHz DDR3
    2.8 GHz Intel Core i5
    外部キーボード HHKB Type-S
    マウス ELECOM EX-G ワイヤレス
    ターミナル iTerm2
    エディタ 状況に応じて Atom / VSCode / IntelliJ
    好きなコマンド git branch --merged | xargs git branch -d
  • フロントエンドエンジニア Kさん

    バックエンドエンジニア Kさん

    こだわりはいい椅子と横長ディスプレイです。
    椅子はエルゴヒューマンのGenidiaを使用しています。
    いい椅子なので疲れにくく、生産性が上がります。
    ディスプレイは29インチのアスペクト比21:9の横長ディスプレイを使用しています。
    こちらはAtomで複数ペイン開く時やdiffを見る時に重宝しています。

    使用PC Mac mini
    外部キーボード Apple Magic Keyboard x2
    マウス Apple Magic Trackpad
    ターミナル iTerm2
    エディタ Atom
    好きなコマンド git

募集職種

オロは“テクノロジー・オリエンテッド・カンパニー”として、企業の内側と外側を強くする2つの事業を展開しています。各事業部には分野別のチームがあり、それぞれの領域におけるスペシャリストたちが活躍しています。インフラに特化したエンジニアから、Web・スマホアプリケーションを開発するエンジニア、上質なUI・アニメーションを生み出すフロントエンドエンジニア、さらには、人工知能を取り扱う研究開発エンジニアまで幅広く募集しています。

ビジネスソリューション事業部

コミュニケーションデザイン事業部

オロのエンジニアブログ

  • TOP
  • OROのエンジニア