システム開発職
システム開発職
ビジネス課題を解決する
新しいサービスを創る
システム開発職
ビジネス課題を解決する
新しいサービスを創る
専門家視点の改善提案、具体的なロジックの考案、利用技術・実現方法を考え、開発全体に関わります。
ビジネス上の課題やデジタル企画のゴールを、様々なケースを考慮しながら正しく理解し、
実現するため、具体的な設計やロジックを考案していきます。

業務内容

初期開発
初期開発

サービスリリースまで

まずは動くサービスとしてリリースすることを目標に、実現するスコープを決めプロジェクトを進行します。関係者全員で共通意識を持つため、要件定義・設計・実装・テストと各工程単位で、各社・各職種間の密な協議とともにプロジェクトを進行し具体化します。 必要なタスク、不必要なタスクを明確化しマスタスケジュールを作成し、リリースに向けた準備を進めていきます。

ウォーターフォール型開発のイメージ

開発手順を1つずつ確認しながら工程を進めていく手法。 ウォーターフォール型開発。

リリース
運用・改善
運用・改善

グロース・エンハンス開発

リリース後は実際のユーザーの反応を見ながら、追加機能・改善機能の優先順位を定めサービスを改善していきます。世の中の状況やクライアントビジネスの変化など、日々変化する状況を常に考慮しサービスをグロース・エンハンスしていきます。

アジャイル型開発のイメージ

短い期間でテストを繰り返してスピーディーに開発していく手法。 アジャイル型開発。

求められる資質

ロジカルシンキング
システムやサービス開発では、思い込みや先入観ではなく論理的に考えていく力が求められます。問題の発生原因を調査・正しく把握する能力や、全方位から優先度をつける判定力、様々なケースを網羅的に考慮する思考力が必要です。
伝える力
専門知識はもちろん、それをプロジェクトのステークホルダー全員にわかりやすく説明できる力が必要です。技術的な懸念点や実装意図などを正しく伝えることで認識齟齬を防ぎ、プロジェクトを円滑に進めることが求められます。
先を見通す力
現時点の状況だけではなく、今後どうなるかを考慮して動くことが必要とされます。
サービスリリース後はグロースやエンハンスを行うため、運用・保守・拡張性まで考えて設計することが求められます。一方で、設計や開発自体だけでなく、各社・各メンバーともに最適なスケジュールの立案や、オンスケで進行するための段取りとリスク管理もその1つです。

求められる人物像

求められる人物像
  • 整合性、隙があることが気になる人。
  • チームで一つの目標を達成する仕事に興味がある人。
  • 最後の仕上げまで楽しめる人。
  • 新しい技術が好きで、活用したい人。
  • 効率化や自動化など、より良くするための工夫を
    考えることが好きな人。
  • 抽象的に考えるよりも、具体的に考えることが得意な人。
  • 自ら進んで学習し、活用していける人。

システム開発の職種と仕事内容

開発プロジェクトマネージャー
中長期的な視点からプロジェクトの状況を把握し、ゴール到達まで社内チームを牽引します。常にプロジェクトが正常に進行するように、問題発生時にはリカバリー対応を行う正確な判断力と広い視野が求められます。
システムディレクター
システムや技術の専門知識を持ち、システム設計や運用設計、進行管理など開発に必要な幅広い業務を担い、プロジェクト全体に関わります。要件定義や設計を行う上流工程から、新しい機能・改善方法など、システムをより良くする提案も求められます。
エンジニア
安定したシステム稼働はもちろん、大規模なトラフィックに耐えるためのパフォーマンス改善やセキュリティの担保など、高品質な実装が求められます。保守性や運用性・拡張性を意識し、技術的負債を生まないための高いプログラミングスキルが求められます。

開発環境

サーバーサイド要素 技術例
Ruby
NodeJS
Ruby on Rails
フロントエンド要素 技術例
SCSS
Vue / Vuex
Gulp / Webpack
インフラ要素 技術例
AWS (EC2, RDS, Elasticache, S3, CloudWatchなど)
Monit / nagios / telegraf
開発環境、その他
Docker
GIT
Circle CI / Jenkins / Github Actions
Slack

開発事例

航空券チケット予約サイトのシングルページアプリケーション開発・基幹システム連携

月間数千万PV程度のWebサービスのアプリケーション開発、およびスケーリング構成の構築

ナショナルクライアントや金融系クライアントのセキュアなサーバー設計・構築