• HOME>
  • 製品特長>
  • コンサルティング業向けシステムとしてのZAC

コンサルティング業向けシステムとしてのZAC

ZACは、コンサルティング業(コンサルティング、SIer、監査法人、税理士法人等)向けERP市場において豊富な導入実績を持ちます。コンサルティング業の業務管理、商慣行、経営管理にフィットする多数の機能が、コンサルティングビジネスのお客様に支持されております。

コンサルティング業向けシステムとしてのZACの特徴

契約管理から、請求・入金業務まで一元管理

コンサルティング業においては、契約単位でビジネスを行うため、通常の売上や仕入をベースとした販売管理とは異なる案件管理の仕組が必要になります。ZACの場合、1契約を案件の単位として、コンサルティング契約や監査契約の契約期間や契約金額、請求回数、契約種別の管理を同一の画面で行うことが可能です。また、契約管理の画面から請求・売上登録が可能です。経理ご担当の方は、入力された情報を基にクライアント単位で請求・入金管理業務を一元的に行うことが可能です。また、日報画面からの経費入力ができるようになっており、入力された経費データを請求情報として登録することも可能です。

コンサルティング業の業務プロセス、契約形態を網羅したシステム設計

ZACはコンサルティング業に必要な機能を網羅しており、業務に即した画面構成や機能を実装することが可能です。例えば、引合段階での案件管理や、契約締結の有無を案件ごとに管理することが可能です。また、契約管理も、機密保持契約や請負契約など多様な形態に対応しています。その他、アウトソーシング業務など定期的に売上が発生する案件に対しても、定期案件として登録することで案件管理の負荷を軽減し、売上計上や請求漏れを無くします。同時に、先々の収支把握精度を向上します。
加えて、ZACは他社で実装された機能を汎用機能として適宜追加することが可能なので、カスタマイズなど高価な費用を発生させることなく、安価でスピーディーに業界標準の機能を実装することが可能です。

コンサルティング業の業務プロセス、契約形態を網羅したシステム設計

プロジェクト(案件・契約)別の利益管理ができる(プロジェクト・案件別収支管理)

ZACでは、プロジェクト(案件・契約)ごとの売上に対して、リサーチ会社等外注企業への外注費、交通費や接待交際費などの経費、社内スタッフの労務費など、関連コストをすべて紐付けることができるため、プロジェクト(案件・契約)別の利益を一目で把握することが可能になります。このプロジェクト管理機能により、コンサルティング業における収支管理を実現させます。

プロジェクト(案件・契約)別の利益管理ができる(プロジェクト・案件別収支管理)

また、個別のプロジェクト(案件・契約)をひとつのまとまり(=親プロジェクト)として集計し、全体収支や全体利益を管理することができます。これにより、特定のクライアントから受注した事業戦略立案、マーケティング支援、オペレーション改善、SI業務など個別のプロジェクト(案件・契約) を一つの親プロジェクトとして登録し、プロジェクト全体の利益を把握する、といった運用も可能です(親プロジェクトに登録する案件・契約は、ユーザーが任意で設定することができます)。

正確なプロジェクト作業工数の集計

ZACは、プロジェクト工数管理機能を有しています。各プロジェクトへの作業工数の入力はもちろん、部門別会議や汎用的なリサーチ・分析作業など、プロジェクトに直接紐付かない作業工数も入力することができます。入力された工数データはシステム内部で直接作業時間、間接作業時間に判別され、労務費等の配賦基準として活用されます。

正確なプロジェクト作業工数の集計

工数データは配賦基準としての活用以外に、給与計算用の勤怠時間データとしての活用や、担当者別、作業工程別の作業時間検証にも活用できるため、様々な業務改善に活かすことが可能です。

コンサルタントのスケジュールを把握し、的確なリソースの活用を実現

ZACでは案件ごとにあらかじめキャスティング時間を入力、日報画面で確認が出来るので、アサイン状況を簡単に把握することができます。また、スケジュール管理機能を活用することで、先々まで稼働予定を可視化する事が可能です。スケジュール管理機能は日報との連携が可能であるため、スケジュール表で事前に稼働予定を入れておくことで、日報画面での入力を削減し、業務効率化を実現します。また、担当者別にアサイン状況を把握することで、適切なリソース管理を実現します。

コンサルタントのスケジュールを把握し、的確なリソースの活用を実現

柔軟なワークフロー、閲覧・編集権限設定が可能

ZACは柔軟な権限設定機能を有しています。例えば、画面単位での閲覧・編集権限の管理が可能なので、契約に関する情報など機密性の高い情報も特定の方のみがアクセスできるように設定することが可能です。また、申請・承認についても高い自由度、細かい粒度でワークフローを設定でき、承認履歴も残すことができるため、証跡として利用いただくことも可能です。

ZACのコンサルティング業向け機能

ZACに搭載されているコンサルティング業向け機能の一部をご紹介します。下記以外にも、コンサルティング業ユーザーの要望で実現された豊富な機能を、システムに有しております。

  • 契約管理

    案件管理画面で契約締結の有無を必須情報項目として保有することが可能です。ZACでは標準機能として案件登録時にワークフローを設けることが可能なので、契約未締結のまま案件が進行する、などの業務のヌケモレを防止できます。

  • キメ細やかな権限設定

    案件・契約ごとの機密性を保つため、他部門からのデータ閲覧を制限するなど、キメ細やかな閲覧権限設定が可能です。これにより、ユーザーは自然にZACでオペレーションをこなしながら、きちんと情報を保護することが可能になります。

  • 定期案件登録

    アウトソーシングサービスのように、一定期間にわたり毎月同じ額の売上を計上するような案件の管理に特化した機能です。契約期間を設定すると、その期間内に毎月同じ売上額の案件を自動作成することができます。毎月決まった時期に、売上計上や請求書発行を促すアラートがシステムから通知されますので、処理漏れを防ぐことができます。

  • スケジュール管理・工数管理連携(工数入力の簡易化)

    個人の予定管理を行うスケジュール管理機能と、工数入力を行う工数管理機能を連携することができます。この連携により、スケジュール表に入力した作業内容が工数入力画面に自動反映されるため、工数入力時に過去のスケジュールを確認し内容を転記するなどの手間がなくなります。正確でスピーディな作業時間レポートの作成を実現します。

  • プロジェクト全体の収支管理機能

    個々の案件をひとつのまとまりとして集計し、プロジェクトの全体収支や全体利益を確認することができます。これにより、特定のクライアントから受注した全ての案件を総合した利益の算出や、特定のプロジェクトを構成する子プロジェクトをまとめた損益を確認することが出来ます。

  • プロジェクトマネジメントに活用できる各種アウトプット帳票

    ZACは、豊富なアウトプット帳票をExcel、CSV、PDFなど任意の形式で出力することができます。コンサルタントのアサイン状況レポート、進行中プロジェクトの仕掛原価レポート、予定作業工数と実績作業工数の差異レポートなど、プロジェクトマネジメントに活用できる様々なレポートを標準機能として出力することができます。

コンサルティング業向けシステムをご検討中の皆様へ

ZACは、コンサルティング業における様々な業務特性や
商習慣に対応できる、きめ細かな機能を多数搭載しています。
システム機能の詳細説明やデモンストレーションについては、お気軽にご相談ください。

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。