予定表

ZACの予定表機能を使うと、社員1人ひとりのスケジュールを可視化して組織内で共有することができます。各メンバーの空き時間の確認と同時に、会議室など設備の予約も行えるため、会議調整のための煩雑な手続きを省くことができます。またZACの各業務管理機能と連携させることで入力負荷を軽減し、作業効率の向上を実現します。

社員1人ひとりの予定を見える化

ZACの予定表機能を使うと、社員1人ひとりの予定を視覚的に把握することができます。メンバー単位でスケジュールの表示/非表示を選択できるため、チームやプロジェクトの関係者など、見たいメンバーの予定だけを1つの画面で把握することができます。また会議室やプロジェクタなどの設備もリソースとして登録することで、設備の利用予定も可視化することができます。

予定を作成する際に「会議中」「移動中」「休憩中」等の種別を設定することで、それぞれに対応した色が割り当てられます。予定表の色ルールがシステム上で統一されることで、例えばお客様から社員宛の問合せが発生した際に、該当社員が社内にいるのか外出しているのかといったスケジュールを一目で把握できます。また自分の画面にだけ反映されるマイカスタムカラーを設定することもできます。

メンバーの予定を視覚的に把握

会議のセッティングもかんたんに

ZACの予定表機能を使うと、メンバーに対して会議への参加依頼を送ることができます。各メンバーや会議室の空き時間を確認するのと同時に会議の招集依頼も行えるため、日程調整のための煩雑な作業を簡略化することができます。

参加依頼を受けたメンバーはシステムから自動通知メールを受け取ります。参加依頼を受けた各メンバーは主催者に対して「出席」または「欠席」の通知と、コメントを返すことができます。

会議の招集

ZACの各種機能と連携

ZACの予定表機能は、ZACの他の機能と連携することでより効果を発揮します。

勤怠・工数管理機能との連携

ZAC上で予定を立てる際、その予定がどの案件のどの作業項目に関わるものなのかを紐づけることができます。予定に紐づく案件名や作業項目、予定作業時間を日報(工数)登録画面から参照することで、毎日の日報入力が簡略化されます。

ZACの勤怠管理について詳しく見る >
ZACの工数管理について詳しく見る >

コンタクト管理機能と連携

ZAC上で予定を立てる際、コンタクト管理機能で登録されている「取引先企業」や「担当者」を入力することができ、コンタクト管理画面に自動で反映させることができます。実際の面談内容も併せてメモしておくことで、入力負荷を抑えながら顧客管理を実現することができます。

ZACのコンタクト管理機能について詳しく見る >

社員マスタとの連携

ZAC上で立てた予定には、その予定にかかる概算コストが自動で表示されます。コストの計算には、ZAC上の社員マスタで管理されている「社員別の標準労務単価」が利用されます。会議や作業にかかる人件費が”予定コスト”として可視化されることで、社員1人ひとりの採算意識の向上が期待できます。

予定の作成を簡易化

週に1度の定例会や、毎日発生するような定期的な予定は、リピート機能を使うことで繰り返しの予定として作成可能です。日・週・月・年の単位で、いつまで予定を繰り返すかを設定すると、一度の操作で定期予定を作成することができます。また、各メンバーをひとまとめにした「グループ」として予定を登録することや、「チームカレンダー」という概念で自分のカレンダーを複製してチームで予定を共有することもできます。これらにより、固定のメンバーで行う会議などをかんたんにセッティングすることが可能です。

予定作成を簡易化する「リピート機能」

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。