スケジュール管理

スケジュール管理機能は、個々人のスケジュールを組織で共有するためのグループウェアです。本人のスケジュール管理に加え、社内メンバーのスケジュール確認、ミーティングへの参加依頼、社内設備・備品の予約などが可能です。工数管理やコンタクト管理と連携し、入力の手間を減らし、効率化を図ることができます。スケジュールはGoogleカレンダーと同期することができ、様々な利用ニーズに対応しています。

各自の予定を視覚的に把握

「予定一覧」から、スケジュールを確認したいメンバーをチェックします。複数メンバーをチェックすることで、自分自身の予定だけでなく、社内のチームメンバー、他事業部、他事業所のメンバーの予定も確認することもできます。
たとえば、外部のお客様から社員あての問合せがあった際に、該当社員がどのようなスケジュールになっているかをすぐに確認することが可能になります。
また、固定のメンバーでの定期開催の会議など、予定表選択画面に登録するグループを作成することもできます。

各自の予定を視覚的に把握

予定の作成を簡潔にする各種機能

会議を開催したい場合、タイムライン上でマウスクリックもしくはボタン操作を行い、会議予定を作成します。アラーム機能で、予定の何分前にリマインダを発生させるかの設定を行うと、指定時間にポップアップが起動し予定が近いことをお知らせしてくれます。
毎週の定例ミーティングや、日々必ず同時刻に発生するイベントなどは、リピート予定作成機能により、繰り返しの予定として作成可能です。日・週・月・年の単位で、いつまで予定を繰り返すかを設定すると、一度の操作で繰り返しの予定を作成することができます。

予定の作成を簡潔にする各種機能

会議のアサインや設備の指定も可能

予定作成時に複数社員に参加依頼をすることができ、設備や会議室を登録して、使用設備の指定ができます。
会議室などの施設や、プロジェクタ・PCなどの備品をリソースとして登録を行い、組織全体で利用状況の共有を行うことができます。
予定の作成が完了すると、会議への参加依頼は、参加候補者全員にEメールで自動的に送信され、リアルタイムで予定の管理ができます。会議参加依頼を受けたメンバーは、会議のオーナーに対し「出席」もしくは「欠席」の返答を、スケジュール管理画面上から行うことができます。登録画面からはコメントも入力でき、欠席の際に理由などを入力できます。

会議のアサインや設備の指定も可能

工数管理機能や
コンタクト管理機能と連携

予定表機能はZACの日報画面やコンタクト管理画面と結びついており、入力の手間を軽減することができます。
予定表作成時に、作業内容から案件を選択することができ、その後日報画面から予定表の内容を引用し日報登録部分に反映させることが可能です。案件登録番号・売上項目・作業時間を引き継げるので、予定を入力することが日報入力の短縮になります。
コンタクト管理機能に追加されている取引先企業・社員の方を予定表で選択することができます。 参加者部分で取引先の社員の方を選択することで、コンタクト管理に自動で反映することができます。コンタクト管理画面で、即時の情報共有や、メモを残したいときに役立つ連携機能です。

工数管理機能やコンタクト管理機能と連携し、より使いやすく 工数管理機能やコンタクト管理機能と連携し、より使いやすく

Googleカレンダー共有

スケジュール管理機能に登録されている情報を、Googleカレンダーにエクスポートすることができます。(Googleカレンダーのアカウントが別途必要となります)
Google カレンダーへのエクスポート機能により、自宅PCやモバイル、スマートフォンによるスケジュール確認を行うことが可能となり、様々な利用シーン・利用ニーズに対応いたしました。

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。