お電話でのお問い合わせ

0120-973-866

タイムリーな利益の
着地を可視化する
プロジェクト収支管理
システム

クラウドERP ZACで
解決できる
プロジェクト収支管理の
課題

  • データやシステムが分散しているため、プロジェクト収支管理に時間がかかる

  • 工数を含む原価計算ができず、プロジェクトの正しい利益が見えない

  • プロジェクト完了後でないと損益が把握できず、赤字案件が発生する

ZACならプロジェクト収支管理の
さまざまな課題を解決できます!
ZAC

データやシステムが分散しているため、プロジェクト収支管理に時間がかかる

案件に関わるデータを一元管理

プロジェクト単位で
データを一元化
し集計を効率化

業務ごとに複数のシステムを使用すると、データ連携の手間が発生し、集計に時間がかかってしまいます。ZACでは案件ごとに販売・購買・勤怠・工数・経費を一元管理でき、案件に関わるデータが自動的に売上と原価として集計されます。これにより、二重入力の手間や転記ミスを防げます。

導入事例

Microsoft Access、Excelによる工数管理・原価管理に限界を感じた

─ EPSデジタルシェア株式会社様

工数を含む原価計算ができず、プロジェクトの正しい利益が見えない

人件費をプロジェクト原価として損益を算出

工数をプロジェクトに紐づけ
労務費を含めた
プロジェクト利益を見える化

プロジェクト型の労働集約型ビジネスでは原価の大半が工数に依存し、原価が頻繁に変動します。労務費を全社の固定費として見ると案件ごとの正確な粗利益が分からず、利益率を評価しづらくなります。ZACでは案件ごとに工数を管理し、自動的に原価として集計します。これにより、案件ごとのタイムリーな粗利益を正確に把握できます。

導入事例

案件別損益管理の実現により、管理体制の大幅な改革を目指す

─ フュージョン株式会社様

プロジェクト完了後でないと損益が把握できず、赤字案件が発生する

※1~3月中の原価は当月中に見られる予定原価と実績原価です

案件・プロジェクトの損益を
予定と実績で管理し、
着地見込みをモニタリング

案件・プロジェクト別の収支・損益の着地見込みの可視化

※1~3月中の原価は当月中に見られる予定原価と実績原価です

※1~3月中の原価は当月中に見られる予定原価と実績原価です

ZACでは、受注見込み段階での予定売上や見込み原価を登録します。進捗に合わせて登録された仕入実績や労務費と予定売上と原価が自動集計され、月中でも案件のタイムリーな損益着地見込みがわかります。また、目標利益率の閾値を設定し、アラートを出すこともできます。案件途中で利益の着地見込みを把握することで、赤字案件防止や利益率向上に向けた適切なマネジメントに役立ちます。

導入事例

クリエイティブ品質を重視する企業こそ、
案件別損益の追求が必要

─ 株式会社LIG様

実際にシステム画面を見たい方へ

詳しい機能や費用について知りたい方へ

プロジェクト収支管理に
役立つ

ZACの豊富な機能

ZACはプロジェクト収支管理に強く、業務効率化・内部統制・分析において充実した機能を搭載しています。
プロジェクト収支管理に課題を持つ企業に選ばれる理由をご紹介します。

プロジェクト予算の申請・承認が可能。変更履歴も保持

ZACでは、プロジェクトの予算を作成し、変更のタイミングでプロジェクトマネージャーなど設定されたユーザーに承認依頼を上げることができます。プロジェクト予定の変更をタイムリーに把握し管理することが可能です。さらに、変更履歴がシステム上に保存されるため、プロジェクト予算データの変遷も確認できます。

プロジェクト別の工数管理でタイムリーな予実分析を実現

ZACでは、案件ごとにメンバーの工数の予実を一覧で確認できます。これにより、実績工数が予定を上回った場合、その原因が見積段階や実作業のどこにあるかを分析し、対策を講じることが可能です。

シングルインプット設計で案件データの二重入力を防止

見積もり段階で入力した数字が後続の処理まで自動反映されるため、二重入力の必要がないシングルインプット設計になっています。さらに、作成した書類はシステム上からPDF化やメール配信が可能です。
これにより、紙管理やエクセル管理で発生しがちな営業・経理間の数字のズレや煩雑な確認作業の手間を削減できます。システム上に承認履歴が残るため、変更履歴の確認や内部統制の担保も可能です。
関連ページ:ZACの販売管理機能

共通費・販管費も含めた
個別原価計算の自動化

ZACでは、プロジェクト・作業項目別の工数に応じて、実際の労務費(人件費)を案件・プロジェクトに配賦できます。
また、案件に紐づく直接費はもちろん、間接費や共通費の煩雑な配賦計算を自動化し、個別原価計算を効率化します。
関連ページ:個別原価計算の自動化

社内販売機能で
部門別採算制度に
対応したプロジェクト収支管理

ZACでは部門別採算制度に対応するための社内販売機能を備えています。これにより、複数部署が関わるプロジェクトでも、関連部署間で売上・利益を分配し、部門別採算制度に対応したプロジェクト収支管理を実現できます。

実際にシステム画面を見たい方へ

詳しい機能や費用について知りたい方へ

累計導入社数950社以上!
プロジェクト収支管理の豊富な事例

  • ソフトウェア受託開発業

  • 従業員数101〜200名

Microsoft Access、Excelによる
工数管理・原価管理に限界を感じた

“以前は月末に経理が手作業で集計作業を行わないと工数を確認できませんでしたが今は必要な時に工数を確認しています。管理職がこまめにチェックするようになったことで、月末にまとめて工数を入力する社員も減りました。工数の正確性は高まっていると思います。”

─ EPSデジタルシェア株式会社様

  • SP業・広告制作業

  • 従業員数51〜100名

案件別損益管理の実現により、
管理体制の大幅な改革を目指す

“工数入力の結果が案件ごとの損益として可視化されるようになったので、「儲かっている?儲かっていないの?」という言葉が、現場社員の口から日常的に出るようになったことは大きな変化ですね。”

─ フュージョン株式会社様

  • Web制作・Webマーケティング業

  • 従業員数201名以上

ZAC導入により、
毎月の原価計算にかかる作業工数を約70時間削減!

“実際に案件ごとの原価管理ができるようになったことが一番の効果です。ZAC導入以後、案件別の損益状況が日々タイムリーに確認可能となりました。”

─ 株式会社LIG様

  • ソフトウェア受託開発業

  • 従業員数101〜200名

プロジェクト損益の可視化と事務処理効率化を実現。
現状打破のために脱Excel・パッケージ導入に踏み切る。

“プロジェクト見込値の更新が徹底され、損益がタイムリーに把握できています。Excel管理と比較してデータ収集・分析も効率的に行えるようになりました。”

─ トリオシステムプランズ株式会社様

  • アプリ・ゲーム開発業

  • 従業員数201名以上

プロジェクト単位のリソース管理や
異常値のモニタリングのためにZACを導入

“経営の最重要ポイントは、経営データの可視化とプロジェクト単位のリソース管理。先々の業務状況を“見える化”できたことで、リソース管理の精度も経営予測の精度も高まったと思います。”

─ 株式会社カヤック様

実際にシステム画面を見たい方へ

詳しい機能や費用について知りたい方へ

価格

自社に合わせた機能だけ利用可能な
ライセンス制のクラウドERP

自社に合わせて必要な機能を最低限なライセンス数から導入可能です。導入後も、必要に応じて機能やライセンス数の拡張・縮小もできます。ご利用可能なZACの各種機能の一覧についてはこちらをご確認下さい。

初期費用

  • ZAC初期設定費用(10万円)

  • 導入支援費用(※1、※2)

月額費用

  • ライセンス費用
    機能(モジュール)×ライセンス数

  • 保守費用(データセンター利用料)

  • ※1:導入支援費用は、ご利用範囲や条件によっては0円にすることも可能です

  • ※2:導入支援費用は、貴社のご要件やプロジェクト体制により異なります

詳しい機能、価格はこちら

製品資料

詳しい機能、価格はこちら

  • 機能がまとまった資料が欲しい

  • 各ライセンス費用について知りたい

  • 導入支援費用の目安について知りたい

ZACデモ画面

詳しい機能、価格について
デモ画面でご説明いたします

\ 実際の画面をご覧になりたい方へ /

まずは資料で確認したい方へ

ご不明点を解消されたい方へ