機能一覧

在庫管理

在庫商品の仕入・入庫・引当など物販を行うビジネスに対応
在庫の調整、棚卸管理および関連帳票の出力により在庫管理を支援

在庫管理機能は、物販を行うビジネスの販売・購買業務に対応する機能です。在庫商品の発注・仕入処理、倉庫への入庫処理、商品販売の際の在庫の引き当て・出庫処理が可能になります。また、在庫調整や、棚卸作業を効率化する機能により、商品管理・在庫管理業務を支援します。(※在庫管理機能は、販売管理機能・購買管理機能の利用が前提となります)

機能ポイント1: 在庫商品の発注・仕入

・在庫管理機能を利用すると、在庫品の発注・仕入処理を行うことができます。仕入先、数量、仕入・出庫予定日、入庫先の倉庫を選択し、発注登録を行います。
・仕入登録が行われると、選択した倉庫において、仕入日に対象在庫の数量が増加します。(発注・仕入に対する支払処理、債務管理は、購買管理機能で行われます)

機能ポイント2: 販売時の在庫の出庫・引当

・在庫管理機能を利用すると、商品の販売を行う際に、在庫からの出庫・商品の引き当てを行うことができます。
・対象在庫(商品)、出庫日、数量、費目、倉庫を選択し出庫登録を行うと、出庫日に対象在庫が減少します。
(販売にともなう請求管理・債権管理は、販売管理機能で行われます)

機能ポイント3: 在庫の確認・検索・調整

・型番を入力し、基準日を設定すると、対象となる商品が倉庫別にどれだけ在庫されているかを確認することができます。倉庫別に、「在庫数」「引当数」「発注数」「有効数」を確認できます。
・また、在庫の調整を行うことができます。調整日、調整区分(過不足調整or在庫倉移し)、在庫調整元倉庫、在庫調整先倉庫、商品、数量、を選択し登録を行うと、調整日を基準に在庫調整を行います。

機能ポイント4: 棚卸を効率化する、棚卸管理・棚卸登録

・Excelのインポート、エクスポートにより、棚卸業務を効率的に行うことができます。
・棚卸種別(数量or金額)、対象倉庫を選択しボタンを押すと、対象倉庫の棚卸用Excelシートがエクスポートされます。
・棚卸作業の後にExcelシートに棚卸数量を記入し、インポートを行うと、棚卸結果が自動的にシステムに反映されます。

棚卸作業用のExcel出力が可能です。
このExcelに棚卸数量を記入し、システムに取り込むことで棚卸数の調整を行うことができます。
  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836