工程管理プロジェクトの進捗と作業効率をリアルタイムに可視化

勤怠管理機能により、プロジェクトや作業工程別の作業時間集計が可能になります。
この作業時間をもとにした人件費(労務費)および各種費用の配賦により、精度の高いプロジェクト別の個別原価計算を実現します。また、出退勤管理や休暇申請、業務報告などの機能も有しており、勤怠管理システムとしてのご利用も可能です。

工程管理機能の特長

進捗が一目でわかるガントチャート
形式

ZACの工程管理機能ではガントチャート形式でプロジェクト全体のスケジュールを可視化できます。各工程の進み具合や遅れ具合もイナズマ線で一目で把握できます。
日程編集はドラッグ操作で行い、関連する工程も自動で日程変更されるため少ない手間でガントチャートを活用したプロジェクト管理を実現できます。

進捗が一目でわかるガントチャート形式

作業パフォーマンスを可視化する
EVM

ZACの工程管理は、EVM*(Earned Value Management)の指標をグラフ化して表示できます。
予定コストと実際コストの比較だけではわからない「スケジュールに対しての出来高(進捗)」や「実績コストに対しての出来高(進捗)」を把握することで、プロジェクトが抱える問題点に対して早めに解決アクションを取ることができます。

※EVM(Earned Value Management):プロジェクトの進捗状況を”出来高”の概念で把握するプロジェクト管理手法

ZACで表示できるEVMの指標

指標
意味
BAC(Budget at Completion)
プロジェクトが完了するまでに必要となる総予定予算。
トップレベルの工程の総予定工数を指します。
PV (Planned Value)
出来高計画値。
計画時点で各工程に割り当てた予定工数を指します。
EV (Earned Value)
出来高実績値。
現時点までに完成した各作業の予定工数を指します。
AC (Actual Cost)
コスト実績値。
実際投入した総コスト(日報の作業時間の合計)を指します。
SV(Schedule Variance)
スケジュール差異。
各作業のスケジュール面から見た差異を指します。 EV - PV
CV (Cost Variance)
コスト差異。
各作業のコスト面から見た差異を指します。 EV - AC
SPI (Schedule Performance Index)
スケジュール効率指数。
各作業のコスト面から見た差異を指します。EV - AC
CPI(Cost Performance Index)
コスト効率指数。
各作業のコスト面から見た効率を指します。 EV / AC

イメージ:EVMグラフ

プロジェクト進捗管理と収支管理を
同時に実現

ガントチャートから追加した社員や予定工数は、プロジェクト全体の収支を管理している画面にデータ連携することができ、予定原価として反映させることができます。プロジェクト毎の原価(損益)と作業進捗状況を一元的に管理できることは、基幹業務システム(ERP)であるZACの大きな特徴であると言えます。

イメージ:予定工数追加手順

正確かつリアルタイムに実績工数を
把握

工程管理に表示される実績工数には、社員が日々入力する日報(業務報告書)のデータが反映されています。
業務報告書で入力された工数が各工程に自動でチャージされるため、正確な実績工数をタイムリーに把握することができます。

正確かつリアルタイムに実績工数を把握

工程管理システムの導入をご検討中の方へ

工程管理を正しく行うためには、正確な実績工数をタイムリーに反映させることが重要です。基幹業務システムであるZAC Enterpriseを活用して経営に必要なデータを一元管理する場合、工程ごとのスケジュール管理はもちろん、予定工数とプロジェクト原価の連携や、日報(業務報告書)情報と実績工数の連携など、業務効率化のための多くのメリットを得られます。

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。