機能一覧

工程管理

ガントチャートですべての工程を確実に管理
プロジェクト進捗のリアルタイム把握、作業パフォーマンスの可視化で、プロジェクトマネジメントを次のステージへ

工程管理機能はプロジェクト全体の工程を一元管理します。ガントチャートで工程別の工数・成果物進捗をリアルタイムで確認でき、その場での予定編集や他画面への情報連携も可能です。プロジェクトの出来高やパフォーマンスを多角的に分析するEVMを持ち合わせ、多彩な機能で工程管理をサポートします。

機能ポイント1: ガントチャートでプロジェクト進捗状況を管理

・ガントチャートはプロジェクト全体のスケジュールや各工程の進捗を可視化します。イナズマ線で進捗の進み・遅れも一目で把握。実績工数はZACに入力された作業時間をタイムリーに反映するため、常に最新の進捗状況を確認できます。

イメージ:ガントチャート画面

▲ 詳細をみる

・編集時は、ドラッグだけで日程変更ができます。関係する工程も自動で日程変更されるため、調整作業が簡単に行えます。新たな工程や担当者の追加・削除、予定工数の変更も1画面内で行えます。変更された担当者や予定工数は他画面へ情報を連携することができます。

イメージ:ガントチャート画面/編集モード

機能ポイント2: EVMでプロジェクトの進捗や作業のパフォーマンスを可視化

・EVMでは「コスト」「スケジュール」の両面からプロジェクト進捗を把握することができます。ZACの工程管理では、EVMの指標をグラフ化し、プロジェクトマネージャーが作業パフォーマンスを視覚的に把握できる機能を搭載しています。

【EVM(Earned Value Management)とは】
 プロジェクトの進捗状況を統一的な尺度で把握する手法。作業の到達度を'出来高'という概念で把握する。

・ZACではEVMグラフに下記の項目を指標として表示します。

BAC(完了までの予算)
プロジェクトが完了するまでに必要となる総予定予算。 トップレベルの工程の総予定工数
PV(出来高計画値)
計画時点で各工程に割り当てた予定工数
EV(出来高実績値)
現時点までに完成した各作業の予定工数
AC(コスト実績値)
実際に投入した総コスト(日報の作業時間の合計)
SV(スケジュール差異)
各作業のスケジュール面から見た差異。 EV - PV
CV(コスト差異)
各作業のコスト面から見た差異。 EV - AC
SPI(スケジュール効率指数)
各作業のスケジュール面から見た効率。 EV / PV
CPI(コスト効率指数)
各作業のコスト面から見た効率。 EV / AC

イメージ:EVMグラフ

▲ 詳細をみる

機能ポイント3: 他画面と連携し予定工数を追加

・ガントチャートから追加した社員や予定工数は、プロジェクト全体の収支を管理している画面にデータ連携ができます。取込画面が表示され引用したい社員を選択すると、社員と予定工数時間のデータを取り込みます。既にキャスティングされている場合、予定工数は上書きされます。

イメージ:予定工数追加手順

機能ポイント4: 日報から実績工数を集計し、正確な実績管理を実現

・工程管理に表示されている実績工数は、社員が日々入力する日報(業務報告書)のデータを反映しています。業務報告書が確定されると、入力された工数が案件の項目毎にチャージされ、実績工数がタイムリーに反映されます。

イメージ:日報から実績工数を集計し、正確な実績管理を実現

勤怠管理の詳細はこちらから ⇒ 勤怠管理

  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836