ご利用パターン

ZACは、利用方法・利用機能・利用人数に応じて、様々なご利用パターンがございます。システム導入の目的、要件に合わせて最適なご利用パターンをご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

システム利用方法を選ぶ

クラウド型

システム利用に必要なハードウェア・ソフトウェアをデータセンターに設置し、インターネット経由でZACにアクセスし利用する方法です。
必要な環境がすべて揃ったデータセンターを利用することで、サーバーなどの設備購入・初期投資を行う必要がありません。

クラウド型

自社設置・オンプレミス型

貴社の施設内・環境内に専用サーバーを構築・設置、ソフトウェアをインストールし、社内LAN経由でZACにアクセスし利用する方法です。
貴社のシステム運用ポリシー、セキュリティポリシーに準じたZACのご利用が可能となります。

自社設置・オンプレミス型

利用する機能を選ぶ

ZACは様々な機能モジュールを持ち合わせております。利用したい機能、システム化したい部分・範囲にあわせて、利用する機能モジュールを自由に選択いただくことができます。
ZACの機能一覧はこちら

利用する人数を決める

ZACの機能モジュールを何名でご利用いただくかを決定いたします(1ユーザー=1ライセンスとなります)。
機能モジュールの利用数は後からでも追加をすることができます。

ZAC利用例

従業員数50名のソフトウェア開発業におけるご利用ライセンス数・ご利用機能の例

ZAC利用例

  • 販売機能ライセンス

    プロジェクト新規作成から見積・受注・請求・売上・債権管理まで、「販売管理」の機能を利用できます。

  • 購買機能ライセンス

    プロジェクトに紐づく発注・仕入・債務管理まで、「購買管理」の機能を利用できます。仕入・債務に関するアウトプットレポートを出力できます。

  • 勤怠機能ライセンス

    出退勤時間の登録や休暇の申請から、プロジェクト別の作業時間の登録を行うことができます。業務報告書や作業時間集計書を出力できます。

  • 経費機能ライセンス

    プロジェクトに紐づく立替経費の精算や仮払の申請・精算を行うことができます。

企業の成長に合わせて必要な機能を必要な分だけ

ご予算にあわせたご提案や、
導入後の費用シミュレーション算出にも対応させていただきます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

INDEX 導入検討中の方へ

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。