経営モニタリングプロジェクト収支や部門収支をタイムリーにモニタリング

経営モニタリング機能とは、プロジェクト利益や部門別採算が一定水準を下回るなど、経営指標の異常値発生をリアルタイムにモニタリングし、システムからアラート通知を行う経営管理機能です。
経営数値の異常をタイムリーに、かつ、早期に発見することで、経営者や部門マネージャーの適切な経営分析、経営判断を支援し、経営管理レベルの向上を実現します。

経営ダッシュボードから
アラート通知

経営モニタリング機能は、システムに登録された経営数値をリアルアイムにモニタリングし、一定利益率を下回るなど経営上の異常値が発生した際に、ユーザーへ即座に自動的にアラート通知を行います。
アラート通知は、システムのトップページである経営ダッシュボード上に表示されるため、経営者・経営管理者は経営の異常値を早期に発見することができるようになります。
また、大量の経営データの中から異常値を探す・発見する手間や、見落としリスクを防ぐことができるため、経営分析や経営判断など、本来の経営管理業務により多くの力を割くことが可能となります。

イメージ:経営指標の異常値を、経営ダッシュボードからアラート通知

ドリルダウン経営分析を行い
原因を特定

システムが自動的に検知した経営指標の異常値をきっかけに、その原因を特定するためのドリルダウン経営分析を行うことができます。
部門別損益の異常値からチーム別損益の分析へ、チーム別損益の分析から原因クライアント・原因プロジェクトの分析へ…。様々な経営指標をグラフィカルに表示するインターフェースにより、マクロからミクロへの経営分析を実現、経営管理レベルの向上を支援します。

イメージ:経営指標の異常値から、ドリルダウン経営分析を行い原因を特定

経営管理上のセグメントを
柔軟に設定

経営モニタリング機能では、異常値を発見するセグメントを、ユーザーが独自に設定することができます。
全社損益/部門別損益/サービス別損益/チーム別損益/クライアント別損益/プロジェクト別損益など、ユーザーの職務範囲や、経営管理を実施するセグメントにあわせて、最適な経営指標の設定とモニタリングを行うことが可能になります。

イメージ:アラート通知を行う経営管理上のセグメントを柔軟に設定

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。