ZACへのログインをより快適・安全に

シングルサインオン機能を利用することで「複数サービスのパスワード管理」や「情報漏えいリスク」を減らすことができ、ZACをより快適・安全にお使いいただけるようになります。

ZACへのログインがかんたんに

シングルサインオン(以下SSO)とは、一度のログインで複数のシステムにアクセスできるようになる仕組みのことを指します。ZACのSSO機能を利用することで、例えばOffce 365などのグループウェアの認証サーバーにログインするだけで、ZACにもログインできるようになります。
社員にとってはサービス毎に異なるID・パスワードを管理する手間がなくなるというメリットがあり、インフラ部門や情報システム部門にとっては、社員の入退社に伴うアカウント整備の手間を削減できるといったメリットがあります。

通常のシステムログイン(左)とSSOを使ったシステムログイン(右)

ID・パスワードの一元化でセキュリティを強化

サービス別のパスワード管理を社員に強いる場合、かんたんなパスワード1つを使いまわした結果情報漏えいしてしまう、といった事態が起こり得ます。SSOを活用し、十分な長さをもつパスワード1つを管理させることで、セキュリティを強化できます。また「パスワードを忘れてしまった」といったミスも防ぎやすくなります。
なお、SSOではシステム間がアカウントで紐づけられため、システム内の機密情報をシステム外に登録する必要はありません。

様々な認証プロトコルに対応

ZACのSSO機能は下記の認証プロトコルに対応します。

  • SAML2

  • OAuth2 ( Google / Facebookのみ )

  • WS-Federation ( AzureAD (Office365含む), ActiveDirectory (ADFS) など )

実際にご注文いただく前には「適合性診断」を実施し、問題なくご利用いただけるかを事前に確認させていただきます。SSOにご興味をお持ちいただけましたら、 お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

※本機能は「認証サービス」を実現するものではなく、既にお使いの、ZAC外にある認証サービスを「利用する」機能となります。予めご了承ください。

フォーム入力だけでかんたんに資料請求いただけます。
まずはお気軽にお問い合わせください。