製品概要

7.原価管理システムとしてのZAC Enterprise

ZAC Enterpriseは案件別・プロジェクト別の原価管理(個別原価計算)を効率化する様々な機能を持つプロジェクト原価管理システムです。本ページではZACの原価管理の機能について詳しくご紹介します。

プロジェクト型ビジネスに特化したプロジェクト原価管理システム

個別原価計算を効率化するシステム設計

ZACは、案件、プロジェクトごとの原価管理を行う「個別原価計算」に対応したシステム設計を採用しています。
案件、プロジェクトごとに固有のプロジェクトコード(≒製造指図書No,)を持つことができ、直接材料費、直接労務費、直接経費から、間接材料費、間接労務費、間接経費といった製造間接費等のプロジェクト原価情報をプロジェクトごとに集計・計算することができるため、製造原価・個別原価管理を実現できます。
システムにて発注・仕入処理、経費精算、勤怠登録などの業務処理を行うたびに、関連する案件・プロジェクト別に原価の情報が自動的に集計・計算されるため、原価管理における経理部門の負担を軽減することができます。

システムによる労務費の集計・配賦計算

ZACは、案件別・プロジェクト別の労務費集計・労務費配賦を効率化する工数管理機能を搭載しています。
プロジェクト別・作業工程別の作業工数(作業時間)を入力し、「どのプロジェクトの」「どの工程に」「誰が」「何時間」関わったかという工数集計(作業時間集計)を行うことができます。給与等の労務費の情報をシステムに取り込むことで入力された工数(時間)データは労務費の情報に変換され、各案件別・プロジェクト別の直接労務費として原価計算されます。また、ZACは配賦計算エンジンを搭載しており、間接労務費についても配賦基準に応じて計算され、各案件・プロジェクトの原価として集計されます。そのため原価計算基準に準拠した単価設定や間接費の配賦を実現し、管理会計の面からも適切なプロジェクト管理の体制を構築することができます。従来煩雑だった工数の管理、労務費集計、労務費の配賦などの原価管理を効率化します。

システムによる共通費・販管費の配賦計算

ZACは、労務費だけではなく共通費・販売費および一般管理費の配賦にも対応しています。
配賦の対象となる費用の情報をシステムに取り込み、配賦基準に応じて各案件、プロジェクトに配賦することができます。各案件、プロジェクトの営業利益を算出するための原価管理に対応しています。

ZACの配賦計算イメージ

会計業務における原価データの自動振替仕訳

ZACは、各案件、プロジェクトの進捗状況にあわせて、入力されるプロジェクト原価情報を適切な勘定科目に自動振替する機能を持ちます。
システムに登録されたプロジェクトには(1)引合(2)受注(3)完成など、進捗に応じたステータス情報が付与されています。発注・仕入処理、経費精算などのシステム処理を行うたび、それらの原価(費用)情報は各案件、プロジェクトのステータスに応じて自動的にふさわしい勘定科目に振り分けられます。これらのデータは仕訳データとして市販の会計システム製品(例:勘定奉行の個別原価管理編など)へ連携することもできます。

<自動振替仕訳 一例>

  • ■営業中・引合プロジェクトに発生する原価・費用⇒勘定科目:販管費
  • ■受注済・仕掛中プロジェクトに発生する原価・費用⇒勘定科目:仕掛品
  • ※ご要望に応じた振替仕訳の調整を行うことも可能です。

売上登録や納品処理を行い、各案件、プロジェクトの進捗ステータスが変更されると、「仕掛品」から「売上原価」への振替仕訳をZACシステムが自動的に行うため、会計上の処理を特に意識しなくても正しい会計情報を作成することができます。

プロジェクト原価情報のアウトプット機能

ZACはプロジェクト原価の情報を集計・分析するための、様々なアウトプット機能を搭載しています。

  • セグメント別の原価データ出力

    部門、事業部単位、サービス別など、セグメント単位で原価を集計・計算した帳票を出力することができます。月末仕掛品原価や当月投入原価等の原価の情報を、材料費、外注費、経費、労務費、販管費等の明細単位で分析することができます。原価部門や種別を選択いただくだけで、簡単に原価管理帳票が出力され、これまで面倒だった部門別計算や総合原価計算の業務が大幅に効率化されます。またプロジェクト原価の情報は複数の集計軸でクロス集計することができるため、様々な視点から原価管理を行うことができます。

  • プロジェクト別の原価データ出力

    各案件、プロジェクトにおいて発生した原価の情報を詳細に確認できるアウトプット帳票です。原価明細ごとに、支払先、品名、勘定科目、伝票No.、金額などが一覧できますので、集計の手間もなく原価情報をご確認いただけます。
    案件、プロジェクトごとに多数の原価明細が発生する業種・業態における原価管理に適しています。

  • 予定労務費・実績労務費のデータ出力

    各案件、プロジェクトにアサインされた担当者の労務費の予実対比ができるアウトプット帳票です。予定・実績労務費の情報以外にも、予定作業時間と実績作業時間、予定に対する実績の進捗率などを表示することができます。案件、プロジェクトに投入される労務費管理が重要となる業種・業態における原価管理に適しています。

ZAC Enterpriseクライアント企業における原価管理の課題解決事例

ZACはこれまでに、多くのクライアントが抱えている様々な経営課題に対するソリューションを提供してまいりました。
その中からZAC導入によって原価管理の課題に対するソリューション事例の一部をご紹介します。

  • 面白法人カヤック

    Web制作・アプリ開発

    株式会社カヤック

    原価進捗をリアルタイムにモニタリングし、最適なリソース・収支管理が出来る体制を構築

    「経営の最重要ポイントは、経営データの可視化とプロジェクト単位のリソースの管理。先々の業務状況を“見える化”できたことで、リソース管理の精度も経営予測の精度も高まったと思います。」 株式会社カヤック 代表取締役CEO  柳澤 大輔 様

    Before組織の成長に伴いExcelでのリソース、収支管理が煩雑に。
    きちんとした管理体制を実現するシステムやツールの必要性を感じていた。

    ZAC Enterprise導入

    After経営データの可視化とプロジェクト単位のリソースの管理を実現。
    先々の業務状況を“見える化”できたことで、リソース管理の精度も経営予測の精度も高まった。

    代表取締役CEO 柳澤 大輔 様

    代表取締役CEO 柳澤 大輔 様

    この事例の詳細へ

  • Digital Media Lab.

    コンテンツ制作・ゲーム制作業

    株式会社デジタル・メディア・ラボ

    プロジェクト別原価計算の自動化で、正確かつタイムリーな経営判断を実現

    「部門共通費も含めた原価の配賦が自動化されることにより経理業務のスピードが格段にアップしました。グループ会計システムと柔軟な連携ができることもポイントでした。」 管理部 部長 赤嶺 弘晃 様

    BeforeExcelによる手作業での工数管理・原価管理で業務が煩雑になり正確性に欠いていた。
    営業・制作などの現場と管理部門での二重入力が発生していた。

    ZAC Enterprise導入

    After部門共通費も含めた原価の配賦が自動化され、容易に精度の高い仕掛金額の計算できるようになった。
    二重入力もなくなり、現場で入力した情報が会計システムまで一元的に流れるように。

    管理部 部長 赤嶺 弘晃 様

    管理部 部長 赤嶺 弘晃 様

    この事例の詳細へ

  • AID-DCC

    Web制作・クリエイティブ制作業

    株式会社エイド・ディーシーシー

    プロジェクト毎、スタッフ毎の稼働状況が可視化され、正確な利益管理と適切な人事評価が可能に

    「今まで感覚値でしかなかった工数情報をシステムの活用により正確に把握することで、プロジェクト収支の可視化を実現できました。定量的な指標で制作スタッフの評価を行える環境になりましたね。」 代表取締役 富永 幸宏 様

    Before人員増加に従い、各クリエイターの工数が不透明に。
    人事評価やプロジェクト別の利益管理を正確に行うため、工数を管理する必要性を感じていた。

    ZAC Enterprise導入

    Afterエクセル管理からシステムによるデータ一元化へ移行し、プロジェクト別の工数集計が自動化。
    業務効率は向上し、オープンな業績評価とプロジェクト利益をリアルタイムに把握できる体制構築が実現できた。

    代表取締役 富永 幸宏 様

    代表取締役 富永 幸宏 様

    この事例の詳細へ

プロジェクト原価管理システム、原価計算システムご検討のみなさまへ

プロジェクト型ビジネスにおいては、ERPの導入は特に投資対効果の極めて高い選択肢を言えるでしょう。企業にとって、システムを活用した緻密な原価管理を行うことで、業務管理や管理会計のレベルを大幅に向上させ、有効なプロジェクトマネジメントを実施することが可能となります。
プロジェクト原価管理システム、原価計算システムをご検討のみなさま、システム機能の詳細説明やデモンストレーションについては、お気軽にご相談ください。

  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836