• HOME >
  • ZAC BLOG >
  • 【中堅中小企業向け】ERP導入前に知っておくべき課題や成功のポイント

【中堅中小企業向け】ERP導入前に知っておくべき課題や成功のポイント

ERP導入の前に知っておくべき4つのポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS2.0
  • ATOM

2009/11/20公開2020/5/13更新

ERPシステム導入の前に、企業が抱えるITにかかわる課題について考える必要があります。企業は規模にかかわらず基幹情報システムに課題を抱えていますが、その解決手法としてのERPやCRMといった経営管理ソリューションの導入、そしてその効果と活用方法が議論されている現状があります。

目次

    企業のIT化とシステムの課題

    企業が抱えるシステムの課題にはさまざまなものが考えられますが、主に次のような課題があげられます。

    • システムが、情報技術の革新や市場の変化のスピードに追い付いていけない
    • 部門ごとの最適化を優先するため各システムが独立し、全体の情報が見えない
    • システムの運用保守・管理コストが高い

    こうした課題を踏まえた上でERPシステムの導入に向けて、再度システム化のメリットを考えてみましょう。

    中堅中小企業にとってのERP

    近年、中小企業においてERP導入が進んでいるといわれています。企業全体でみるERP導入率は約30%です。中小企業に限ってみてみると20%になります。ERPの導入の中心になっているのは大企業であると言えますが、中小企業も引けを取っていないことがわかります。

    中小企業がERPを導入する背景として、ビジネスを革新したいという経営者のマインドや企業体質による部分が大きく、具体的に「ERP導入5つのメリット - 最適な統合業務管理を実現」で述べたリアルタイム経営などは、大企業だけに当てはまるものではありません。また、SCM(Supply Chain Management ※)の広がりも見過ごせません。大手企業によるSCM推進の要請から、自社資源を一元管理する基幹システムの必要性が出てくることも中小企業のERP導入につながっています。

    中堅・中小企業向けのERPの選び方をさらに詳しく解説した記事はこちら
    【中堅・中小企業向け】ERP選び方完全ガイド ー従業員規模別・経営管理の課題と解決法ー

    ERPソリューションとそれ以前のシステムの違い

    ERPソリューションとそれ以前のシステムとの役割の違いを、以下の3つにまとめます。

    (1) ユーザーのためのシステムから経営のためのシステムへ

    基幹システムの役割は各部門のユーザーの業務効率向上から、企業全体における業務の統一、標準化、BPRなどにシフトしてきています。ERPはユーザー目線ではなく経営者目線のシステムという側面が大きいことが特徴です。

    (2) 「推進」から「革新」へ

    従来のシステムは業務を効率化・省力化するためのシステムでした。つまりを「推進」するためのものです。対してERPは業務の統合、データの一元管理をはじめとして、管理会計面で分析したデータの活用による業務改善や意思決定、経営資源の最適活用など、業務・事業の「革新」の役割を大きく担います。

    (3) ひとつのシステムから基盤としてのシステム

    ERPをひとつの完成したシステムとしてとらえるのではなく、ERPをシステムの基盤としてとらえ、ERPの上にその他のシステムを戦略的に構築していくという考え方です。たとえばCRMやSFAなどの戦略的なシステムをERPに連動させ、その企業独自のシステムを構築していくのです。

    ERP導入プロジェクトを失敗させないために

    ERP導入プロジェクトを失敗させない。そのためには、システム導入の目的・課題・システム化構想を明らかにすることはもちろん、ERPを複数目線で評価することが重要です。現場の利用者目線だけではなく、社内外の立場の違う関係者の目線でも評価を行うことが大切です。 評価目線としては、次の4つのポイントが重要です。

    1. 利用者(現場)の目線
    2. システム管理者の目線
    3. 経営層の目線
    4. 監査・経理の目線

    特に「監査・経理」の目線においては、システム導入後にシステム監査・内部統制・会計監査を踏まえて要件定義すると、システム稼動後にカスタマイズ要件が増大し、予算超過する可能性があり、ERP導入失敗となりかねません。 失敗を防ぐもう一つのポイントとして、複数の導入実績のあるパッケージを選択する事も推奨されます。ERP導入企業の生の声や導入状況、失敗事例や成功事例を調査することで、社内評価を想定できますし、導入ベンダーとの付き合いが浅い場合でも、導入作業の質や、導入後のサービスレベルを推しはかることができます。このように社内の声と社外の声をしっかりと調査するプロセスが、ERP導入プロジェクトの成功へと繋がります

    ※1 SCM:Supply Chain Management。仕入、製造、流通、販売、サービスといった事業活動の川上から川下までの一連の流れを「サプライチェーン」と呼ぶ。サプライチェーンをITで総合的に管理することでプロセスの無駄を削減することが狙い。

    ZACはクラウドシステムとして、様々な機能を兼ね備えたERPパッケージです。機能の詳細についてお知りになりたい方や、導入費用など利用料金に関するご質問をお持ちの方は「価格・費用について」のページをご覧下さい。

    また、他社導入の事例も多数掲載しております。「導入事例」のページをご覧下さい。

    【図解】8ページでざっくりわかるERPの選び方

    そもそもERPとは?といった最初の疑問から、クラウドとオンプレミスの違い、機能一覧、メリットデメリットまで、8ページにわかりやすくまとめました。

    無料ダウンロード
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • RSS2.0
    • ATOM
    ZAC BLOG編集部

    この記事の筆者

    ZAC BLOG編集部

    約13年にわたるクラウドERP開発・導入の経験から蓄積された知見に基づき、業務効率化・管理会計・原価計算・ERPに関するテーマを中心に、生産性向上に役立つ情報をお届けします。

    ページ先頭へ戻る