プロフェッショナルコラム

監査法人アリア

写真:監査法人アリア

監査法人アリア
監査法人アリア

2006年設立。金融商品取引法、会社法に基づく法定監査はもちろんのこと、IFRS 準拠監査、ロンドン証券取引所新興市場AIM (1社実績あり)やシンガポール証券取引所新興市場catalist の上場準備監査にも従事している。メンバーに計算鑑定人を有し、東京地裁からの依頼を受け、民事訴訟案件の損害額算定業務に、設立時より定期的に携わっている。また、国内外の企業の適正評価(デューディリジェンス)に対しても高い評価を得ており、国内では数少ないフォレンジック会計に強い監査法人としてお客様を強力に支援している。

フォレンジック会計で組織の利益を守る

日本ではまだ馴染みがない「フォレンジック会計(訴訟会計)」。不正、争訟、知的財産権など、多くの分野でフォレンジック会計が適用される場面が増加しています。フォレンジック会計を利用することで、主張に対して会計的な専門性や信頼性が得ることができ、様々な偶発的な事象に対して組織の利益を守ることができるでしょう。このコラムでは、経験豊富なフォレンジック会計士が、そんな一足先の技術を皆様にお伝えしたいと思います。

2012/08/24
フォレンジック会計とその歴史
  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836