ERP講座

ERP講座 第1回 ERPとは

概要

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略で、企業におけるヒト・モノ・カネの動きを管理し、コンピュータを利用して情報を統合し、経営を支援するシステムです。 ERPを一言で説明すると、財務会計、生産管理、販売管理といった企業の基幹業務をサポートするための業務システムで、一般的にパッケージ※システムであることが多いのが特徴です。 従来の業務システムは、業務の省力化・合理化を主な目的として導入されていました。ERPの場合、個々の業務効率化に加え、全社単位での効率化や経営情報の活用という役割が重視されるため、これらの機能が統合されたことで、企業全体での情報の一元管理が可能となりました。

由来

ERPは、直訳すると「企業資源計画」という意味で、元々はMaterial Requirements Planning(資材所要量計画)という生産管理用語から派生した言葉です。生産管理における資材を、企業全体におけるヒト・モノ・カネといった経営資源に拡大した考え方がERPの本来の意味です。

パッケージ

パッケージとは、システム開発において、ゼロからすべてを作る受託開発と対をなすもの。
通常、店頭で売られているようなソフトのように需要が多そうなものを汎用化したもののこと。

  • 資料請求はこちら
  • デモ・商談希望はこちら
  • 資料請求、デモご希望以外の各種お問い合わせについて承ります。

お電話でのお問い合わせ 03-5843-0836